横断幕と懸垂幕の違いについて

いろいろ選べる横断幕のメインimage

横断幕と懸垂幕の違いについてです。それぞれの特徴と違いについてまとめています。違いを理解しうまく使い分けましょう。

横断幕と懸垂幕の違いについて

街中やスポーツの大会会場などで横断幕や懸垂幕を見かけることは多いですよね。

でも、横断幕と懸垂幕って何が違うの?縦か横かの違い?とあまり違いが良くわかってない人が多いのではないでしょうか。

横断幕と懸垂幕の違いや特徴についてまとめました。

《それぞれの特徴は?》

横断幕の特徴ですが、横に長い布などに文字や絵を描き、そこに書かれた内容を知らせるために使うものです。

懸垂幕というのは、縦に長い布などに文字や絵を描いたもので、垂れ幕とも呼ばれることがあります。

取り付け方はハトメ加工をしたところに紐を通してくくり付けるので、風が吹いてもパタパタはためかないのが特徴ですね。

看板などよりも安く、取り付け、取り外しが簡単なので、お店などでも使われることが多いです。

《違いは何?》

横断幕と懸垂幕の違いは何かですが、どちらも屋外で使われることが多いものです。

違いと言うと、横断幕が横長、懸垂幕が縦長ということでしょうか。

素材についても、どちらも同じものが使われています。

横断幕と懸垂幕の両方を使うと、より強調できるので両方使っているところが増えてきました。

《のぼり旗とはまた違う?》

お店の前にのぼり旗が立ててある風景はよく見かけますね。

これも横断幕や懸垂幕と同じ宣伝で使うものですが、横断幕や懸垂幕は壁面に固定してあるもの、のぼり旗はポールに固定しているものとして使われています。

のぼり旗は風にはためかせることで、目に留まるように工夫されているものです。

それぞれの違いを理解し、うまく使い分けるようにしましょう。

◇取扱専門店ご案内…横断幕制作の激安専門店 【MAKUSHOP】 - 懸垂幕/垂れ幕/店頭幕/横断幕印刷

Copyright いろいろ選べる横断幕. All Rights Reserved.