知られざるダイヤモンド4Cガイド

ダイヤモンドは4Cのバランス?そのバランスはどう見分ける?

ダイヤモンドは4Cのバランス?そのバランスはどう見分ける?

ダイヤモンド4Cのバランスは、素人には判断不可能なように思えます。

しかしポイントをおさえれば見た目だけでも判断はできます。

見比べ方をお話ししましょう。

▼見た目でも十分にわかるダイヤモンドの質。

ダイヤモンドの4Cを見た目でざっくり言ってしまうと、大きくて輝きがあって、透明感のあるもの、細かく丁寧にカットされていて、左右のバランスがとれているシンメトリー感覚のものが最良です。

カットの技法が悪いと、バランスが崩れ、それだけ輝きも鈍くなります。

ルーペを持参するか店員さんに借りて、じっくり見ていくと良いでしょう。

「勉強のためにダイヤモンドのカットの違いを見比べさせてください」と言えば、嫌みにはなりません。

▼ルーペで見比べていくダイヤモンドの4C。

ルーペでダイヤモンドを見比べていきながら、気になることはどんどん質問していきましょう。

最終的には先にお話ししたポイントをおさえながら、指にはめて違和感のないものがベストです。

ダイヤモンドの鑑定書には、カラット数値とともに、クラリティ、カラー、カットの等級が表記されています。

GOOD以上が良いカットですので参考にしてください。

▼ダイヤモンドの指輪は、4Cのうちどれかが突出して良いというのではなく、4Cの項目がバランスの取れた出来であることが大事です。

1 大きさと輝き、2 透明感、3 細かく丁寧にカット、4 左右のバランスがとれたシンメトリー感覚。

この4点に絞った見た目と保証書、店員さんの話を総合して購入を決めましょう。

参考までに…婚約指輪のダイヤ人気ランキング 4つのCの組み合わせで最も多かったのは?

Copyright (C) 知られざるダイヤモンド4Cガイド. All Rights Reserved.